借金返済解決
借金整理とは
多重債務
借金の把握
クレジットとローン
借金返済解決の方法
任意整理
自己破産
個人再生(民事再生)
民事調停(特定調停)
過払い請求とは?
過払い
出資法と利息制限法
みなし弁済
過払い金消滅時効
その他
免責不許可事由
小規模個人再生と給与所得者等再生
住宅ローン特例
総量規制の導入
総量規制の除外
強制執行
保証人
自分で債務整理する
弁護士と司法書士の違い
ヤミ金解決のエストリーガルオフィス
解決後のフォローも充実
エストリーガルオフィス
事務所一覧
アヴァンス法務事務所
おおぞら司法書士事務所
ジャパンネット法務事務所
弁護士法人中央合同法律事務所
オススメ
自己破産・債務整理ガイド

消費者金融やクレジット会社など複数の金融業者から、返済能力以上の借金をしてしまい、返済が困難になっていませんか?

借金の返済のために、新たな借金をする。または借りるところがないので闇金融に手を出す。このような状態になってしまう前に、一度自分の借金の状態を知り、出来ることなら整理してしまうことをおすすめします。

借金のことが頭から離れず、仕事にも手が付かなくなってしまうと、返済どころの話ではなくなってしまうからです。

また、長年借りては返すを繰り返していた場合、もしかすると返しすぎていたり、実は返済が終わっていた、なんてこともあります。

これは金融業者が利息(金利)をどの法律を基準にしていたかによりますが、10年近く取引があるのであればまず『過払い』状態になっているようです。

現在返済中であれば残債務の減額もありえますし、また完済後でも10年以内であれば、払いすぎたお金は取り戻すことが可能です。

借金問題解決は専門家(弁護士・司法書士)に相談すればスムーズにいきます

アヴァンス法務事務所

初期費用0円!減額報酬なし! アヴァンス法務事務所

借金の返済のために、他の金融業者から借入を繰り返し、利息の支払いもかさむ状態、いわゆる「多重債務」は社会問題にもなっています。

そこで、2010年6月には、多重債務者救済のためと称し、貸金業法が改正されました。

個人で借り入れ可能な上限金額の設定(総量規制)や、専業主婦は配偶者の同意が必要など、借りる側に一定の制限を設けたものです。

ただし正規の金融業者で借りられなくなった人が闇金融に手を出してしまう可能性が高まったことは否定できません。

複数社から借り入れがあり返済に困る状態になる前に、借金を整理する(いわゆる債務整理)ことも考えましょう。

債務をどこから返せばよいか?また、自分がどれだけ借金を背負っているのかわからないという方、借金を自分で整理する方も、一度、借金の把握をしてみましょう。

大手のキャッシング会社ではインターネットを使って借入残高を調べることが出来ます。また、ATMで残高証明書を発行することもできます。


下記の信用情報機関で、どこのキャッシング会社から借りているのか調べることができます。



JICC 日本信用情報機構 2009年に株式会社テラネットが全国信用情報センター連合会加盟33情報センターから事業承継を受け、商号変更して発足

CIC 都市銀行流通業・信販・クレジットカード業が加盟

全国銀行協会 都市銀行などが加盟

借金を把握するには信用情報開示請求をすると安心です。

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

相談無料・全国対応 アヴァンス行政書士法人

借金にはいろいろなものがありますが、その中でもよく耳にする「クレジット」と「ローン」違いについてあげてみます。

■クレジット

個人の信用により、商品を購入した際の代金を延払いや、分割払いすることをいいます。

支払いは契約にしたがって、後から一括かリボ払い(分割払い)で行います。

一括払いの場合は手数料がかりませんが、分割払いの際には分割回数に応じて手数料が変動します。だいたい年率10~13%くらいになります。

また、クレジットカードの中には「ショッピング枠」と「キャッシング枠」というものがあり、キャッシングすることも可能なカードがあります。

■ローン

一般的なところでは、「住宅ローン」や「学資ローン」などがあります。意味は金銭の貸し借りのことをいいます。

銀行カードローンの金利は実質年率8~12%で、分割払いでは年率15~18%くらいになります。

つまり、商品の支払いに利用するか、現金を調達するかの違いはありますが、キャッシングとローンはほぼ同じ意味になります。