借金返済解決
借金整理とは
多重債務
借金の把握
クレジットとローン
借金返済解決の方法
任意整理
自己破産
個人再生(民事再生)
民事調停(特定調停)
過払い請求とは?
過払い
出資法と利息制限法
みなし弁済
過払い金消滅時効
その他
免責不許可事由
小規模個人再生と給与所得者等再生
住宅ローン特例
総量規制の導入
総量規制の除外
強制執行
保証人
自分で債務整理する
弁護士と司法書士の違い
ヤミ金解決のエストリーガルオフィス
解決後のフォローも充実
エストリーガルオフィス
事務所一覧
アヴァンス法務事務所
おおぞら司法書士事務所
ジャパンネット法務事務所
弁護士法人中央合同法律事務所
オススメ
自己破産・債務整理ガイド

過払いについて

金融業者などにお金を返済しすぎた利息を返してもらうことです。多くの金融業者は利息制限法の上限の範囲で融資しており、利息制限法と出資法との間の返済したお金は過払い金となります。

利息制限法上適正な利率は年15~20%です。 これに対し、多くのサラ金業者やクレジット会社はこれまで年約25~29.2%の利息で貸し付けをしていました。

しかし、貸金業規制法で貸金業者が利息制限法を超える利息をえるには「みなし弁済」の要件をみたさなければなりません。

過払い金返還請求とは、利息制限法上、元金がゼロになっているにも関わらず返済をしたお金の返還を請求することをさします。

出資法 消費者金融など貸金業者の貸し付ける金利の上限を定めた法律です。これに違反すると刑事罰の対象となります。
上限利率を年29.2%としています。
利息制限法金銭を目的とする消費賃借上の利息や賠償額について定めた法律です。それに定める制限利率を超えた部分の利息は無効になり、元本の返済に充当されます。

債務者と債権者が契約で決めた約定利息の有効性を主張するものです。

本来無効である、利息制限法を超える利息を債務者が分かっているのにかかわらず、支払った場合その利息は有効とみなされます。

貸金業者が「みなし弁済」を得るには条件を全てを満たす必要があります。
・貸金業者である
・貸付にあたり、法定の書面を交付している
・任意に支払った
・利息として支払った
・現実に金銭で支払った
・任意に支払った
・利息を受領する際に、受取証を発行している

多くのキャッシング会社はこの条件を満たすとコストの負担が大きくなることを嫌い、行っているところが少ないのが現状です。

過払い金返還請求権の消滅時効は取引が終了した時点から10年になります。

以前は返済の時点から10年を経過するごとに順次時効により消滅するという個別進行説がありましたが、最高裁にて取引の終了時から進行するとの判決で出ています。

借金問題解決は専門家(弁護士・司法書士)に相談すればスムーズにいきます

アヴァンス法務事務所

初期費用0円!減額報酬なし! アヴァンス法務事務所

(注)ここに掲載している弁護士・司法書士は闇金融への対応は専門ではありません。
闇金融被害の相談はエストリーガルオフィスへ相談することをお勧めします。